ピアノ講師の音楽と日常にっき

横浜戸塚にてピアノを教えています。日々の出来事をゆるゆる~っと書いていきます♪

教材研究☆

教材の研究は好きな分野で、気になっては買ってみて
各教材の特徴や違いをメモしたりしてるのですが、
今回はバッハのインベンションとシンフォニアを買い足しました。
これで3冊目ですが、まだまだ欲しいです笑


で、各版の違い・・・
まず運指が違う。高木版が一番弾きやすいかなぁ。。
(手の大きさで変わってくると思う)あとは・・


市田版・・カデンツ、フレーズの始まりが記してある。よく売れている版。


ウィーン原典版・・一番シンプルで色々書き足していく感じ。運指とトリルのみ。


♪高木版・・今回研究の為買った。しっかり奏法が書いてある。
トリルはバッハで迷う奏法の一つだけど、明解に別記してある。
その他、ノンレガートかレガートか、強弱記号も記してある。
必ずしもコレ通りで、という訳ではないけど一番勉強になり参考になるであろう版でした。


やはりバッハは何冊か併用だなぁ。
来月もう一冊買い足す予定です笑

広告を非表示にする